期間工でギャンブル依存になり貯金どころか借金抱えて自ら自滅する奴があまりにも多い件について

期間工でギャンブル依存=ほぼ確実に破綻!下手したら借金抱えて詰み!

今回は期間工にとって密接なつながりがあるギャンブル依存について話していきます

期間工にとってギャンブルというのは実は切っても切れない関係性があるのを

皆さんはご存じでしょうか?

休憩室に行けば、昨日はいくら出ただの?いくら飲まれただのパチンコやスロットの話

また週末明けの月曜日には

昨日の競馬の結果で勝った負けた等の話で盛り上がっている様は

皆さんも少なからず見たことがあるかと思います

ギャンブルをやらない人には理解ができない世界かと思いますが

ニコチン中毒者がタバコを吸っていないとダメとか

カフェイン中毒者がコーヒーを飲まないと生きていけないのと

同じようにギャンブルをしていないと駄目であるみたいな

生き物が期間工の中にも一定数いるのです

期間工で貯金をしたい

頑張りたいと思っているなら

このギャンブル依存症を克服しない限り100%お金なんて貯まるわけがありません

こればかりは断言いたします

そもそもギャンブルはやった瞬間に負けるように仕組み自体ができているのです!

でもそんな依存症を直したいとわかってはいるけど

なかなかやめられない人もたくさんいるのは事実ではないかと思います

結果的に個人の意志の強さ等の問題になるんですが

今日はタテヤマ自身が

過去にギャンブル依存症であった時に

ふと経験し、気が付いたことについて,

そもそもなぜギャンブルは勝てないようになっているのか?

詳しく書きたいと思います

これにより期間工で現在進行形でギャンブル依存症で苦しんでいる人の

少しばかりのお手伝いになれれば幸いです

他の人の期間工ブログを見てみる

みなさんはギャンブルの還元率というのはご存知でしょうか?

ギャンブルって言っても色々ありますね

パチンコ、競馬、競艇、競輪、宝くじ、ほかたくさんあるかと思います

まず大前提として、そもそもギャンブルに勝つためには

それぞれのギャンブルの還元率というものを理解しないと

勝負をする前から負けているということを認識しなくてはなりません!

それぞれのギャンブルの還元率をお話しすると

これらの還元率は大まかにですが

パチンコ80%~85%

競馬75%

競艇75%

競輪75%

宝くじ45%~50%程度と言われています

還元率という単語の意味が分からない人向けに説明いたしますと

還元率と言うのは投資したものに対しおそらく帰ってくるであろう

リターンのことを還元率と言います

例えば還元率が100%だと1万円を投資したら、ランダムに適当に賭けたとしても1万円が返ってくるため

損をすることはなくなるのですが

もしこれが還元率を100%を切ってしまったら

期待値的には確実に負けてしまうようになります

もちろんその瞬間だけうまくやって勝ち逃げ等をすることもできることはできるのですが

何回もやっていくうちにギャンブルというのは

この設定された還元率に徐々に近づいていくことになり

率直にやればやるほど負けてしまうということが言えるのです!

覚えておいてほしいのですが…

日本において

日本という国が胴元で行っているギャンブルでは

還元率100%を超えるどころか

還元率100%で元返しすらまずないと思った方がいいです

還元率が100%以下でないと、どうやっても胴元がもうからないから

絶対に還元率を100%以下にしてテラ銭をとるということなんです!

つまり言い方が悪いんですが

還元率が100%でない

ギャンブルをやった瞬間にほぼ期待値的には100%負けているわけです

還元率を元に期待値を計算してみると

そもそも

パチンコの台に一万突っ込んだ時点で2000円ほど手数料を取られているということですし

競馬の馬券を買った瞬間に10000円の馬券がすでに7500円程度の期待値になってしまうということなんです!

つまり何が言いたいのかというと

挑戦する前からほぼ負けが確定しているので

やることは愚の骨頂だということなんですね!

でもそれにしても

いまだにギャンブルで一攫千金を求めようとしたり

俺だけは勝てると思って

ギャンブルに入れ込んでいる人が後を絶ちません

多くの人がギャンブルに入れ込んでいますが

タチが悪いこととして

この中の数人が大勝することがあるのが

タチの悪さに輪をかけています

なぜかというと、期待値の問題で

還元率が75%80%ということは

100人も同じような人がいれば

その中の少数の人の中には大勝をしている人だって

もちろんいるわけです

世の中の仕組みとして

数少ない成功話というのは非常に目立ちます

そういった数が少ない

一部の人が大勝をしたことを声高々に

自慢げに周りの人に言いふらすものですから

噂が噂を呼んでしまい

俺もギャンブルで勝ちたい!

俺も楽々大金を稼ぎたい!

と思って次々と養分がギャンブル界に参入してくることとなります

多くの人は返り討ちにあうというのに

自分だけは大丈夫と根拠のない自信をもってね!

もちろんその参入してきた中の人たちの中でも

少数の人は勝てますがほとんどの人が負けることになります!

なぜならそもそもの還元率自体が低いんですもん!

それじゃどうやっても負けるよねって!

そしてまた新しく出て行っては

また新しく入ってくる

そんな糞なサイクルが永遠と繰り返しているのが

ギャンブル界の本質と言えるのです!

基本的には還元率が低いギャンブルをやっている限り

金持ちになることは99%無理ですし

そもそも貯金すらすることはできません

タテヤマはそのことに気がついてから

ギャンブルはほとんど一切やらなくなりました

でもそういうタテヤマ自身も昔は競馬中毒者だった過去があるのです

今回はどうやって私がそんな競馬中毒者だった過去を断ち切ることができたのか?

語っていきたいと思います!

期間工で人生を変えようと決意をする約1年前

競馬が大好きなタテヤマ君

かれこれ競馬をマキバオーの影響で見始めていつの間にか競馬歴は20年にもなろうであろう彼は

ここ数年大人になったため馬券を買い始めてからすでに

毎週の重賞レースのたびに毎回毎回馬券を買ってはばずれ

その損失は合計200万円ほどとなっていました

しかし今度の天皇賞春は絶対に勝たないといけない

なぜなら、タテヤマ君がめっちゃ好きな馬が走るからだ

その馬の名前はフェイムゲームという馬だった

前走のダイヤモンドステークスでは主戦の北村騎手が乗れずに

代打の三浦騎手が乗り

なおかつ、海外遠征帰り

なおかつ、超絶重馬場

なおかつ58,5キロのハンデ頭

なおかつ、大外枠

という何重苦にもかかわらず

彼は直線、2着まで突っ込んできたのである

だれもが勝ち馬よりも褒められる2着だと思ったことだろうし

タテヤマ自身もフェイムゲームは長い距離なら長い距離ほど走る

ステイヤーだし

今度走る天皇賞春は今年叩いて2戦目だし

ついにG1を勝つときが来たなと

信じて疑いませんでした

そして、運命の天皇賞春

鞍上はオーストラリアの名手

ヒューボウマン騎手!

ここから1年後の未来、シュヴァルグランでジャパンカップを勝つことになる名手だ!

そして得意の長距離

叩き2戦目

枠順も良好

さらには去年あのゴールドシップをギリギリまで追い詰めたのと

全く同じ京都3200

しかもオッズは8倍つく

複勝でも3倍はつく

僕はずっとフェイムゲームのレースを見てきて

やつの強さを理解している

ヤツは絶対に来る

キタサンブラックも抜かしてくれるだろう

ゴールドアクターにも勝てるはず

ヤツは絶対にG1を勝てる器だ

ここは全力勝負でいくべきだと

僕自身もフルパワーでフェイムゲームを応援した

舞台は整った・・・・はずだった・・

来れば50万も超える

まさに起死回生の馬券である

タテヤマ競馬歴史史上最強の金を入れた馬券であった

実際この他スクショを取り忘れていたが

patでもさらに2万ほどフェイムゲームがらみのワイドを買っていたので

合計16万のまさに全力中の全力の大勝負であった

ちなみに動画としても残っております!

いつもの様に結果から申し上げますと

フェイムゲームはレースを走っておりましたが

なぜか勝負にすら参加できず

スタートでアドマイヤデウス岩田に挟まれ

ポジションを下げざるを得なくなり

更にキタサンブラックが逃げる超スローペースの中

ほぼ超追い込み馬のレーヴミストラルより少し前という

絶望的なほぼ最後方の位置取りになり

勝負どころで何故か大外に持ち出し

大幅に距離をロスし

直線は大外ぶんまわしと

新人騎手もビックリの糞騎乗を噛まして

僕の16万円の大金は紙くずと化しました!

フェイムゲーム自体はこんな糞展開にもかかわらず

しっかりと伸びてきたのに対し

騎手があまりにもクソ騎乗で

すべてが終わりました…

このレースの後、リズムを崩してしまった

フェイムゲームは長い長い暗いトンネルへと入っていき

得意条件である天皇賞春になぜか二度と出走することはなくなるわ

まさかの去勢手術までするというわけのわからないことになってしまったのです

自分の意志ではないことにギャンブルはあまりにも左右されてしまう

僕はこのときに悟りました

ギャンブルはまず根本として

自分の思惑どおりに行かないということ!

まだせめて自分の思惑通りに行けばいざ知れず

多くの場合、周りの人たちの手によって左右されてしまうということに!

そもそも競馬にしたって

リスクとして落馬や騎手の糞騎乗があるし

そもそも最後まで走り切るという補償もありませんし

勝手はゴールドシップや

古くはノーリーズンのようにスタートで大出遅れをかます

そもそもスタートと同時に落馬みたいな

全く予想すらできないあり得ないことが起こりえるのです

さらにはポルトフィーノのように落馬して騎手がいないのに1着でゴールするという

ふざけたことが起こるんです

そして強い馬だって、いつでも万全とは限らないですし

展開のあやや馬場状態や調教状況等によって

常に能力値を出し切れるというわけでもないのです

つまり不測の事態が常に起こるということ

パチンコにしたって、店が出さないと決めたら絶対出ない

っていうか

根本的なことを考えたら

ギャンブル自体がやったら負けなんだ

という本質に気がついてしまったのです!

そこからは、もうやっても少額で

失ったとしても我慢できる範疇である数千円という単位で

遊びでするようになりました

もはや別にしなくてもいいぐらいです

そのぐらい気楽に競馬を見るようになりました

その結果、馬券を買わないことに慣れますと

別に馬券を買わなくても案外大丈夫な自分がそこにいました

今思えば当時あれほど

競馬(ギャンブル)に入れ込んでいたのは

何だったんだろうかと思います

おそらくギャンブルには中毒性があるんでしょうね

経験上明らかにあるかと思います

熱くなると

脳が興奮して、なんだか歯止めが利かなくなるあの現象です

ギャンブルで脳が焼かれるみたいな感覚ですよ!

わかる方はわかるかと思います!

明らかにあの状況は異常であって

のちに冷静になって振り返ってみると自分の意思ではないですよね?

つまりそういった状態になったら、明らかに冷静さを欠いているということですので

いわば、こう言いかえることが出来ます!

勝負をするのなら脳が興奮して、自分でも何が何だか分からない状態になったら負けなんだ!

というそもそもの根底を理解することが大切なのです

そもそも誰が一番儲かるのか?よ~く考えろ!

そして基本的な忘れてはいけない重要なこと

それは…

ギャンブルで一番得をするのは

間違いなく換金率を決めている胴元であるということ!!!

その根本だけは忘れてはいけないのです!

僕ら底辺連中は、ただ安易に簡単にお金が儲かりますよ!っていう幻想に縛られて

もう胴元の手のひらでころころと踊らされているだけなんだと

理解することが大事なのです!

僕はもう一生全力勝負のギャンブルはしません

仮にやるとしても

負けても全く痛くない少額で遊ぶか

もしくはしないように心がけております

本来ギャンブルと言うものは

息抜きに楽しく楽しめる程度のものだと僕は思うんです

熱くなった時点ですでにカモなんだという話なんですね…

みなさんもギャンブル熱くなるのはいいんですが

自分を忘れるほど、没頭している時点で

すでに負けているってことを認識しましょう

本日は

期間工でギャンブル依存になり貯金どころか借金抱えて自ら自滅する奴があまりにも多い件について

ということで

ギャンブルにおいて多くの人が勝てないのか?という根底についてお話させていただきました!

これを理解することによりギャンブルはそもそも

基本的には勝てない仕組みになっておりますので

やらない方がいいことが理解できたかと思います

よく考えてください!

あなたが簡単にパチンコに突っ込んでいる1万円は

あなたがどれほど頑張らないと稼げない1万円か

理解していますか?

もし同じ1万円を使うのだったら

明日の活力となるためのおいしい食事や

自分の役に立つものでも買った方がよっぽど有意義ではないでしょうか?

もっとよく考えてギャンブルをやった瞬間にダメだということを認識しなくてはならないのです!

それではまたの記事で!

2020年9月1日追記!

久しぶりにこの記事を読み返して思ったことは

今でもその通りだと僕は思っています

ギャンブルの還元率を理解すること

誰が一番儲かるのか?よく考えること

基本的なことですが、めちゃくちゃ大切なことです

僕はもうギャンブル自体は卒業し

今は将来的に資産を構築するために

投資の方にシフトをしましたが

株式投資にしたって

ヘッジファンドがどう動くのか?

それぞれの会社の状況が今後どうなるか?なんて

正直全く読めません

よくテクニカルとかファンダメンタル投資とか

そういった言葉がありますが

正直あまり意味がないと思っています

株価が今後どうなるか?なんてことは

所詮は誰にもわからないのです

例えば業績が悪くない会社の株が無理やり下げられていたり

毎年赤字の糞会社が、機関投資家の株価つり上げにより

飛んでもない高値に株価がなってしまい

安易に儲かると思って釣られた個人投資家が

イナゴのように群がった頂点で一気に

大量の空売りと売り注文を出して一気に崩壊させる

なんて場面を僕も何回も見てきました

そこで考えなくてはいけないのは

要するに一番有利なのは誰なのか?ということなんです

もちろんそんなことは言うまでもなく

相場やギャンブルを統括できるものや操作できる力を持っている

奴が一番有利ですし

株式投資の例で言えば

最も有利なのは

そもそも株の売買をすることによって

何もしなくても手数料が得られる

「証券会社が最も有利」

なのは疑いようもない事実なんです!

こういった事実を理解した上で

あえてもう一度言います

金がないならまず必死になってまとまったお金を作れ!

そしてギャンブルは絶対にするな!

甘い甘言に惑わされるな!

楽々片手間で大金を得られるなんて話はまずありえない!

この記事を書いて3年経過した現在

そしてこれからもこの考え方は未来永劫絶対に変わることはありませんね!

↑記事更新のモチベ維持のために1日1クリックよろしくお願いします!