最低限の貯金がなぜ必要不可欠なのか?実際に貯金120万貯めた期間工が語ります!

最低限の貯金がなぜ必要不可欠なのでしょうか?

こんにちはタテヤマです

最近僕はこのブログを見てくれている方から

個人的にコメントをいただきました

どういったコメントだったのか?と言いますと

そんなに節約を頑張って何が楽しくて生きているの?

日産追浜期間工である僕の生活サイクルの紹介をします!期間工の生活スタイルとは?

とか

コーヒーやタバコをたしなんでいる人を馬鹿にするような記事を書くな的な

貯金できない期間工諸君へ!知ってる?タバコとコーヒー辞めれば「それだけでマンション買えるよ!」浪費はやめましょう!

ニュアンスのコメントをいただきましたので

今回はそのコメントに対して

タテヤマなりの考えをお話ししたいと思います

このブログをみていただいている方にとっては

知ってのとおり

元々タテヤマは引きこもりニートの

元日雇い派遣で貯金なんてマジで全くありませんでしたし

少し前までは仮に期間工をやっても

給料が出る度に全部使ってしまい

貯金なんて

「何それおいしいの?」

状態を地で行くような散財野郎でした…

そんな男がなぜ4か月ちょっとの期間工で貯金120万を貯めることができたのか?

何が僕をそう変化させたのか?

今回はお話ししたいと思います!

なぜタテヤマはここまで貯金にこだわるのでしょうか?

気になった人もいるとおもいますが

私はこのブログで散々貯金貯金と言っております

それはなぜかというと

まず第一に、この世の中は普通に生活する際に

お金というものは絶対に必要だし

お金がある程度あることにより自然と生じる

「最低限の安心」

と言うものをまずは得たいと僕は考えているからです

そして…その最低限の安心と言える基準が

僕の中では

いつでもどこでも使える100万というのが

絶対的最低条件だと思っています

貯金額100万を最低防衛資金として全力で死守する大切さ!

どんなときでも最低100万は無いと安心はできない

こう聞くと、現在貯金が500万とか1000万とかある人にとっては

たったの100万ポッチかよ笑

「ショボっ!」

って思う人もたくさんいると思います

でも僕は違います…

僕にとって100万円というお金は

めちゃくちゃ大金だと思います!

だって考えてみてほしいのですが

仮に100万あれば世の中の大抵の問題と言われていることだって

かなり切り抜けることができると思うんですよね…

もちろん家を買うとか車を買うとか

そういったことは無理ですが

日常生活の支障となる多くの問題は100万円程度の余力があれば

どれも十分対処することができます!

その位100万円というお金は思いのほか威力があって・・・

何かとっさに自分の予期しない悪いことが起こったとしても

ひとまず何とかなると安心できる気持ちでいられることができるのが

100万円というお金がもたらす安心感だとおもうんですよ・・・

そしてここからが重要になるんですが

そのもしもの時のために取っておいている

この100万円ですが

正直な話

人生において

「そのもしも…」

が起きる可能性というのは非常に低く

大抵の場合は

そんなに悪いことなんてめったに起こることはありません!

もちろん交通事故とか事件に巻き込まれてしまったとか

そういった偶発的なことは除きますが(それでも宝くじに当たるぐらいほぼ可能性としては低い)

そもそもこのブログを見ていただいているであろう方の年齢層は

きっと20代~40代ぐらいの比較的若い男性の方が

大部分だと思いますので

そういった働き盛りの人がある日突然

もしも…何かあったら?

という状況になること自体が

ほとんどないと言えるでしょう!

勘違いしてはいけないのはだからと言って使っては決していけない!

多くの場合

「そのもしも」

ということは起こることはありませんので

それならばこの必要最低限のお金として取ってある

100万円を使ってしまっても

何も問題はないのではないか?

と思う方がいるかと思いますが

それは絶対に誤った考えです!

どういったことかと言いますと

たとえその

「もしも…」

が起こらなかったとしても

100万円というお金は

絶対に手元にキープして行かなければならないと

僕は考えているのです

みなさんも想像してみていただきたいのですが…

貯金が全くなく

日々の生活をしなくてはならない状況っていうのは

単純にめちゃくちゃ怖くないですかね?

昔、全く貯金がなかった僕が言うのもなんですが

貯金が全く何もない状況というのは

言い換えればこのような状況だということです!

貯金が全く何もない状況とは?一体どのような状況になるのか?

貯金がないということは

仕事を辞めた瞬間に生活するための

お金の余力が全くないという状況になります

つまりこれは、お金がないがゆえに

仕事をするということに強制的に

ずっと縛り付けられることになります

これがどういったことかというと

言い換えれば

日々の生活をするためのお金自体がないため

嫌な仕事であっても続けざるを得ない

仮にストレスがすごくても…どんなに嫌な人が職場にいようとも

仕事に行かないとお金がもらえないため

生活が出来ないから行かざるを得ない

という状況になります

そしてここからが重要なんですが…

こういった追い詰められている状況だと

頑張って働いて給料をもらったとしても

日々の生活費や家賃など

生活するためだけの固定費に給料はほとんど消えてしまい

手元に残ることがほとんどありません

ゆえに来月は生活が出来なくなってしまうため

また来月も同じように給料をもらうために

仕事に行かなくてはいけなくなります!

もっと言えば…

まだこのように

生活するために仕事に行かないといけないという

状況ならまだマシかもしれません…

なぜならまだこの状況なら

ひたすら働いていれば日々の給料がもらえるため

給料=生活費となって

生活自体はできるからです…

問題なのはここからっ…

さらに追い打ちをかける状況になった時です!

タイミング悪く「もしも」が起きてしまったらどうすんだ?

仮にもしも病気になってしまったら…

もしも急に隣人トラブルで引っ越す羽目になったら…

もしも急な転勤で…

もしも身内に不幸があって…

などのアクシデントがあったら…

全く対処ができなくなりますよね?

つまり日々の生活費を賄えるだけのお金+アルファ分の

お金がないと

ずっとずっと同じ道を際限なく回らされているような

いたちごっこ状態になってしまうのです

俗にいうラットレースと言われる状態なのですが

僕の経験上

お金の余裕がない限り

絶対に抜け出すことができません、この悪いループから!

負の連鎖で借金を抱えるリスクも大いにある!

さらにお金を持っていないがゆえに

マイナスの感情を抱いてしまい

負の連鎖で昔のタテヤマみたいに

日々の生活費のためとかで

さらに借金とかの負債を抱えてしまうリスクだって

あるわけです!

だからこそ

そういう最悪の状態を回避する為に

最低でも100万は手元に常にキープして置かなければならないと

タテヤマは思っているのです

これがタテヤマの根底にある考え方です

だからこそ、まずは貯金なのです!

貯金100万あれば間違いなく負のループからは抜けることができる!

100万自由に手元に残っていれば

もうすでに負のループからは完全に抜けてはいると思います

少なくても僕自身はそう思っています

なぜなら真の底辺は100%貯金100万なんて絶対に持っていないからです!

言い換えれば

100万円を貯めれている時点ですでに底辺ではないのです!

それを裏付けることとして

現にタテヤマはおそらくもう二度と

日雇い派遣をすることは無いと思います

自分からはすることはあるかもしれませんが

強制的に日雇い派遣をしなくてはいけないと

いう状況からは間違いなくすでに抜け出していると思います!

なぜならする必要が無いからです…

家賃の支払いやカードの支払いが出来ないなどという

必要最低限の生活をする上で

現時点のタテヤマは

すでに生活が全く切羽詰まってませんので!

日雇い派遣などすでにする必要がないのです!

貯金100万というのは精神的安定剤の効果もあります!

常に最低でも手元に100万は残しておく!それは最低限の安心を得るため

この最低限の安心というのが、かなりの精神安定剤になります

もちろん100万なんてお金は人生をトータルで長期的に見たら

全く心元ないお金だと思います!

でも…でもですね…

その心元ない100万というお金があるだけで

半年間は何もしなくても生活出来る

引っ越しなどをして心機一転した生活を始めることが出来る

最悪、嫌な仕事できつかったら辞めて体制を整えることが出来るなど

計り知れないメリットがあります

最悪嫌なら逃げるという選択肢が取れるという状態

半端ない精神上の安定になるでしょう

だからタテヤマはまず100万貯める

負のループから抜けるにはまずお金を貯めることが絶対条件であり

それはおそらく100万ぐらい…

なら100万は何があっても貯めてやるって感じで

ここは絶対に覆すことが出来ないという思いで

僕は期間工を初めその目標は無事に達成することが出来ました

元引きこもりニートが期間工で人生初めて貯金100万円を貯めることが出来ました!

現状120万ありますが

半年前と比べると半端なく精神が安定しているのがわかります

昔の貯金がほぼなく

毎月の携帯代すら躊躇するような状態とは

月とスッポン状態の精神状態になりました

人によってはたかが100万としか思えないかもですが

100万がもたらせてくれる安心感はこのぐらいすごいのです

今貯金が全くない人もまず頑張って100万ためてみてください

まだまだ少ないと思うのは当然だと思いますが

私にはまだ100万あるという気持ちでいられることが

ものすごい安心感を生み出してくれますから…

これが100万まで貯めようと思ったタテヤマの原動力になります

学歴がなく教養がないので、うまく文章が書けているかわかりませんが

なんとなく伝わってくれたなら嬉しいです

さらに貯金が増えて120万になって思うこと

さらに正のループが起こるのを実感しました

お金が貯まってくると、物事の見方がちょっとずつ変わってくるのを最近感じます

簡単に言うと、必要なものと必要じゃないものが

見分けることが出来るようになるのです

言っておきますが、私はケチではないです

半年前までのキリギリスな私を見れば、

ケチじゃないことなんてわかると思います

でも今は違います

自分が本当に必要であると思ったことしかお金を使わなくなりました

自分自身で底辺からお金を貯め続けて最低基準のお金を突破した今

お金持ちの人がお金持ちであり続ける理由がわかったような気がします

彼らはおそらく必要なモノしか買わず

いらないものは一切買わないのでしょう

だから単純にお金持ちで居続けれるのだと思います

そしてあまったお金は株式や不動産などの

資産と言われるものの購入にまわし

そちらからも利益などを得る

得た利益でまた資産を買い、さらに利益をもらい続ける

その正のループがお金持ちが永遠にお金持ちでい続けられる理由なのでしょう

もうタテヤマはその考えを完全に理解しました

ですので、もう完全に節約精神というか

個人的には全く節約しようと思って無いのですが

節約している生活みたいになっているのです

節約しているのでなく、

単純に無駄なものを買わないだけ!

それが結果的に節約になっているだけだと思います

20代のうちに貯金の重要性に気が付いて本当に良かった!

節約しまくって生きてて楽しいの?ってコメントの答えを

お答えしますと

はっきり言って

「めちゃくちゃ楽しいです」

だってもう考えたかたそのものが正のサイクルになっているので

全くストレスが無いです

考え方そのものがお金が無かった半年前と180度変わっていますから

全く無理をしなくてもそれが自然と節約になっているのでしょう

タバコやコーヒーなどを批判したとも取れる記事を書いたのも

タバコやコーヒーが自分自身にメリットをもたらすのかどうか

考慮し

そして何もメリットをもたらさない負債であると僕は思ったから

あのような記事を書いたのです

少なくてもタバコを吸ったりコーヒーを飲むことが体に良いとか

そのようなメリットがあれば

あのような記事は書いてません

書くわけ無いじゃないですか!

本気で僕にはタバコやコーヒーをたしなむ

メリットが何一つ理解出来ませんし

記事でもお話ししておりますが

タバコやコーヒーにお金をかけることをやめて

その分のお金を貯金していれば

マンションも買えるかもしれないし

旅行などの趣味等も余裕で楽しめます

それに

単純に体にわるいですしね…

もう個々の考え方の違いなので水掛け論みたいになってしまうと思いますが

タテヤマの考えは上記のようになります

批判コメントでもなんでもメッセージお待ちしております

皆さんのいろんな考え方を見ていると、僕自身も勉強になりますので

気軽にメッセージしてください

というわけで今回は

最低限の貯金がなぜ必要不可欠なのか?実際に貯金120万貯めた期間工が語ります!

ということで僕の素直な気持ちを記事にさせていただきました!

ではまた^^

↑現在応募できる期間工はこちらから↑