絶対に期間工に受かるために面接の流れを詳しくお話します

期間工に受かるために面接の流れを詳しくお話します

今回は期間工になりたいと思っている皆さんにとって

有益な情報である期間工に受かるために面接の流れをお話ししたいと思います!

受かるためにはまず敵を知れ!とのことで

初めての人などは期間工の面接がどういったものなのか?

わかりかねるかと思いますので

当記事をあらかじめ見て知識をつけておいて

期間工の面接に受かるように対策の方をしていただければと思います

では中身の方に入っていきます

期間工の面接は結構会社ごとに若干違う流れになりますが

今回は一番スタンダートなケースな場合で解説したいと思います!

期間工の面接について!主な流れ!

期間工の面接についてですが

まず基本中の基本になりますが

自分が働きたいと思う期間工の会社があるかと思いますが

それらの求人票をよく見てみて

その会社に入るためにどういったルートがあるのか?

ということは把握しなくてはなりません

どういったことなのかというと

同じ会社だとしても

雇用された後の条件が若干違うなんてことは多々あるからです

大まかにいえば

①直接雇用の期間工として直接その会社の面接を受ける場合

②派遣会社を通して派遣会社の紹介を受け直接雇用としてその会社の面接を受ける場合

③派遣会社を通して派遣社員としてその会社の面接を受ける場合

簡単に考えてこれだけのパターンがあるからです

それぞれの待遇が違うなんてことは全然当たり前にありますし

問題は②のケースと③のケースの場合は

請け負っている会社がたくさんある場合が多く

それぞれの請負会社ごとに待遇が違うなんてことは普通ですので

入った後に周りの人と比べて

自分の待遇が悪くて後悔してしまった

などということがないように

最初の面接の段階であらかじめよく調べておく必要があります!

どのルートで面接に行くのが最も待遇面で有利なのか?

いつもの様に結論から申し上げますと

一概には言えない部分はあるのですが

基本的に一番待遇面がいいことが多いのは

圧倒的に派遣会社を通して直接雇用の

期間工の面接をしたほうがいいです

ただ派遣会社を通すだけで紹介料の名目で

入社祝い金などのボーナスが支給される場合が多いため

やはり派遣会社を通して面接を受ける方がよいのは

期間工界ではある意味常識ともいえるでしょう

↑上記のような派遣会社を経由して期間工に行くのが一番得!↑

手間は増えるが、それだけで数十万以上変わってくるのは大きすぎる!

ルートとしては直接その会社と面接をする場合は

電話(もしくは直接面接の現地に行く)→面接→採用か不採用か決まるという風に

1回の面接で済むのですが

派遣会社を通して面接をすると

電話→派遣会社に登録(簡単な面接)→実際の働きたい会社の面接場所で

面接する→採用か不採用か

というルートになり

面接自体は派遣会社も入れて2回になります

手間が増えてめんどくさいと思われるかもしれませんが

ただ一度派遣会社を通すだけで

その後の手当が数十万違うことも多々あるので

これを利用しない手ははっきり言ってないかと思います

さらには派遣会社を通すだけで

クオカード等生活用品等の特典ももらえるケースもあります

まあ確かに

サクッと期間工行って一刻も早く働いて稼ぎたいと思うでしょうから

開始の段階での面接が2回あると考えると

一見めんどくさいと感じるかもしれませんが

それを補って余りある手当の恩恵を受けられるので

マジで騙されたと思っても派遣会社を通した方が良いです!

派遣会社の顔合わせの面接について!

ちなみに派遣会社の面接と言っても、非常に簡単なもので

ただの意思確認と言った感じの面接になりますので

全く気負いする必要はありませんし

ただ派遣会社に登録するみたいな作業と

簡単な顔合わせをするだけですので

普通の人なら99%その場で落ちることはないでしょうので

気負う必要すらないでしょう!

入りたい期間工の会社の面接当日の服装の規定について

特に決まった規定はありませんが

あくまでもやはりスーツが無難かと思います

ですが、必ずといったことはまったくなく

常識の範疇で普通の格好であれば、全く問題はありません

奇抜な恰好や派手な恰好ではなく

面接に来ても問題ないと思えるような

常識のある格好であれば

経験上服装等で合否に影響することはないかと思います

ちなみに僕はいつも普段着で面接に行っています

そこで特に何も言われたことはありませんので

問題ないかと思いますが

ただやはり多くの人はスーツで来るので

心配な人はとりあえずスーツにしておくのがいいかなと思います

期間工の面接でほぼ確実にで聞かれるであろうこと!面接対策!

まず当たり前ですが

とにもかくにも

絶対に聞かれるのが志望動機です

「なんでここの期間工で働きたいのか?」

もちろん明確な理由を持っていて

説明することができれば最も好ましいのですが

正直なところ

そこまで気負う必要は一切なく

これは適当にお金を貯めたいとか

自分の将来の夢のために資金が必要とか

自分の素直な気持ちを正直に言っていれば

全く問題ありません

ちなみに私はいつもそんな感じでやっております

「お金を稼ぎたいからです!貯金を増やしたいからです!」

大いにOKです!

そして、次に聞かれるであろうことは

工場作業での経験はあるのか?

夜勤があるが大丈夫か?

腰痛持ちではないのか?

体に不具合がある部分はないか?

いつも飲んでる常備薬はあるのか?

交代勤務になるが大丈夫か?

握力は35キロほどはあるか?

立ちっぱなしの作業になるが大丈夫か?

いつから赴任ができるのか?

寮生活になるが大丈夫か?

と主にテンプレ的に聞かれるかと思いますが

普通にやっていれば

そんなに特殊なことや難しいことは聞かれることはないかと思います

これもすべて素直にハイと答えておけば全く問題ありません

工場での経験がない人も

素直に作業経験がないと告げましょう

正直に伝えた方が

担当面接官の方もイメージがし易いですし

心象も良くなります

工場経験がない方は

ある方に比べてどうしても多少は不利になる点は確かにありますが

30代後半とか40代とかでない限り

そこまで大きな問題にはならないかと思います

実際に私が周りの期間工の方を見ていると

工場経験未経験でも40代とかで期間工として入ってきている人もいますので

あくまでも面接官の多少の匙加減と

「真面目に仕事をやってくれるのか?」

という気持ちが大切かと思います

逆に嘘はつくことはやめておいた方が無難かと思います

例えば実際は腰痛持ちであるにも関わらず

期間工で何が何でも働きたいがために

「何処も悪く無い」

などと嘘をついたりするようなことです

これは採用された後、実際に働く段階になって

自分にとっても本当にデメリットが多いし

会社にとっても腰が悪いことを知らなかったがために

腰を酷使するようなきつい工程に配属してしまうなどというミスマッチが

生じてしまうため双方に悪いことが起きてしまうため

いいことなんて一つもありません

あくまでも素直に正直に伝えて

時間の無駄を避けましょう

絶対にNG!期間工になることが出来ない例

面接の流れをざっと説明してきましたが

ここで期間工になる際に、これがあったら絶対に期間工になれないNGなことを説明したいと思います

それは入れ墨があること及び多大な借金がある場合です

期間工にとって最大にNGなことは入れ墨やタトゥーがあることです

これはどこの会社でも必ず聞いて来ますし

面接の段階で

仮に嘘ついてタトゥーや入れ墨がないと言って

入社したとしても

入社する際の身体測定で

パンツ一丁になる場合がありますので

確実にバレます(股間に入れ墨がない限り)

胸や背中、脚等だと99%バレて

その場で不採用になって帰宅することになりますので

その場でバレてしまったら

そこまでの交通費や時間など

めちゃくちゃ無駄になってしまうので

本当に注意してくださいね!

入れ墨やタトゥーが入っている人は

期間工にはなることができないのです!

多額の借金がある場合は本当に期間工になれないの?

これは正直に言いますと借金の種類によります

プロミスやアイフルやレイク等の普通の消費者金融系で

重度の債務者レベルでない限りは

ご自身で定期的に利息とか支払ってさえいれば全く問題はありませんが

これが仮に街金や闇金等から摘んでいる借金だった場合

会社は面倒事を非常に嫌いますので(当たり前です)

ほぼ間違いなく落ちます

理由としてはそういった危ないお金の場合

組織の人間が本当に会社まで訪ねてくるケースがあるからです

仮にうまくごまかして入社できたとしても

人が会社まで訪ねてきて問題ごとを起こされた場合

一発でクビになることもおおいにありえますので

街金や闇金から摘んでいる方は

残念ですが来ない方が懸命です

自分も数人そういった理由で途中でバレてクビになってしまった人を見ていますが

本当に会社は面倒事を嫌がります!

会社は初回はそういった事が起きた場合

注意喚起の方をしてきますが

何度も何度も助けてくれるわけではありません

だれだって面倒事は嫌がるのは当然です

ですのでそういった危ない借金を持っている場合は

期間工には来るべきではありません!

自分だけではなく、会社の方にも非常に迷惑が掛かりますのでね!

期間工になるためのまとめ!

基本的には期間工という仕事は誰でもウェルカムな仕事であって

若い方はもちろん

40台中盤や50歳ぐらいの人でも

期間工として働いて居る方はたくさんいますので

年齢層は幅広く、自分の年齢とかは特に気にすることはありません

気負って面接に行ったとしても

実際に面接をすれば拍子抜けするほどだと思います

通常の就職試験と同じような面接では到底ありませんし

ラフな感じで面接を受けても全く問題はありません

確かに以前は誰でも期間工は受かるといわれていましたが

昨今の状況も状況で

最近は採用を絞ってきているということもよく言われますが

それでもまだまだ入るのは簡単だと思いますし

通常の就職試験に比べたらそれこそ比べるまでもないぐらい

入るのは簡単であるというのは間違いありません!

問題はむしろ入った後です!

合格して期間工で頑張ろうと心機一転してきたとしても

期間工は採用されるのは簡単でも実際に仕事をして満了するのは結構難しいと思います

実際に僕自身も何回も期間工やってきて、同期に入社している人が

何人も何人もやめていくのを何度も見ております

無料求人誌やネットの広告を見ていると、そこいらじゅうに期間工の求人広告が出ていますよね?

それはどうしてなのか?

どうして、毎週毎週毎回毎回求人が載っているのか考えてみれば理由は理解することはできるかと思います

本当に思っている以上に肉体的に辛い仕事になりますので

根性論的に最後はなってしまいますが

最後にものをいうのは、やはり

絶対に満了するぞ!!

絶対にお金を貯めて、人生をスタートするぞリセットするぞ!!

という強い意思を持って期間工に取り組んでいくことが大切になるのです

やり遂げたら必ず新しい道がひらけますよ!!!!

というわけで今回は

「期間工に受かるために面接の流れについて」

お話させて頂きました

参考にしていただけると嬉しいです

↑わずか1分で応募完了!期間工求人はこちらから↑

2020年9月6日追記!

この記事を書いた時、まさに世の中は期間工バブルで

各社が多額の入社祝い金をばらまいている最中でした

毎月どこかしら、それこそびっくりするような待遇で

お金をばらまいていたのをよく覚えています

今は例の新型ウィルスのせいで

期間工バブルは完全に終了し、終了どころか

期間工の求人すらない

あったとしても入社祝い金すらない

残業も渋っていて

まともに稼働すらないところすらあるという厳しい状況が続いております

僕も期間工バブル時に期間工で貯金を頑張って

この貯金を作ることができたので

それを知っている身としては現状の期間工界はかなり厳しい状況だと言わざるを得ません

でも僕はまた期間工が復活すると信じています

いつかはわかりませんが、必ず復活するときは来るはずです!

その時また多くの人が期間工のことを興味を持ち

この記事がきっと役に立つときが来るでしょう

僕みたいに正社員等の安定に興味がなく

フリーランスでやりながらも

いつか成功を夢見て頑張っているような人にとっては

やはり期間工の働き方は効率的ですからね!

失敗しても何度も再挑戦し

簡単に資金を増やせる期間工はやはり魅力的だと言わざるを得ません

早くウィルスが収束し各社がこぞって再生産に乗り出してほしいものです

 

↑現在応募できる期間工はこちら↑

にほんブログ村 その他日記ブログへ

↑記事が面白かったら更新のモチベが上がりますので応援お願いします↑